赤穂旅行(2)赤穂御崎と温泉を楽しむ

さて、赤穂城跡や大石神社を観光したあとは、今回の宿がある赤穂御崎に向かいました。

散策が楽しい赤穂御崎

赤穂御崎には遊歩道が連なり、のんびりした場所でありながら名所もあって、ゆっくり散策するのが楽しいです。

こちらは大石名残の松。
大石内蔵助が赤穂から江戸に仇討ちに向かう際、御崎の松を見返り名残を惜しんだとされています。

しばらく歩くと、地元で有名なイタリアンレストランSAKURAGUMI さくらぐみさんがあります。

そのすぐそばにはかわいらしい建物が。
海辺の猫カフェ、海ねこビーチハウスさんです。店舗内の猫スタッフはすべて譲渡可能な保護猫だそう。
ぜひ行ってみたかったのですが、月火はお休みでした。

ここきらきら坂では、毎月第2日曜日に朝市「御崎マルシェ」が開催されているそうです。

伊和都比売神社(いわつひめじんじゃ)

航海安全や縁結びの神様。
海上の岩礁にあった社を、忠臣蔵で有名な浅野長矩(浅野内匠頭)が現在の地へ移したそうです。

「恋人の聖地」に選定され、「一望の席」というベンチが設置されています。
朝日は木に隠れて半分しか見えないので、朝日よりは夕日を見るのにオススメです。

東福浦海水浴場

秋だからかあまり人がおらず、のんびりと散策することができました。

このすぐ近くには、「日本の夕陽百選」にも選定されている赤穂東御崎公園があります。
春は海と桜のコントラストが素晴らしいお花見スポットだそうです。

絶景露天風呂が自慢の、銀波荘に宿泊

赤穂御崎にはいくつかホテルが有り迷ったのですが、「絶景露天風呂」が自慢の銀波荘を予約しました。

スタイリッシュなガラス張りのロビーからは、一面海が見渡せます。

部屋からも海が見渡せて、昼間の海、夕日、静かな夜の海と星、朝日など様々な景色が楽しめました。

ただ、西日が直接入ってくるので夏は暑いかも。
部屋は少し古くて狭いですが、掃除が行き届いておりあまり気になりませんでした。

写真がないのが大変残念ですが、夕日の時刻の露天風呂は絶景!!でした。

公式ウェブサイトに載ってるので、こちらからどうぞ。

お料理も、上品な味で盛り付けも美しく、美味しかったです。
これは、瀬戸内の地肴と牛フィレ肉ステーキ会席。
※プランや時期によって内容が違うと思うので、公式サイトを見て下さいね。

さて、明日は早起きして朝日を見に行きます!

続きは赤穂旅行(3)赤穂御崎の朝日へ。