データで見る芸術教育の重要性

「芸術教育は、人生の成功と関わりがある」

ーAmericans for the Artsは、このような見出しのレポートを出しました。

アメリカで芸術の授業が減っている事を問題視したAmericans for the Artsは、アートに参加した学生とそうでない学生を比べて調査を行いました。

アート参加者は、大学卒業率が2倍以上

経済的に恵まれない学生のなかでも、アートに参加した者の方が、そうでなかった者より2倍以上も卒業率が高かった

スクリーンショット 2015-11-26 19.21.49
Americans for the Arts : data on the benefits and decline of arts education.

アート参加者は、学業を継続する

経済的に恵まれない学生のうち、アートに参加している者のドロップアウト率は4%だったのに対し、そうでないものは22%にものぼった。

スクリーンショット 2015-11-26 19.21.58

アート参加者は、雇用率が高い

アートに参加した学生の雇用率は50%、そうでなかった者は40%

アートに参加した学生は44%が准学士号を取得できた。そうでなかったものは27%が准学士号を取得。

スクリーンショット 2015-11-26 19.22.28

ボランティア参加者が多い

学士号の取得率は、アート参加者37%に対し、そうでなかったものは17%。
ボランティア活動をした者は、アート参加者37%に対し、そうでなかったもの20%

スクリーンショット 2015-11-26 19.22.34

これらのデータが全てにおいて正しいとは言い切れません。

ですが芸術教育は、前回の記事のように左脳だけではなく右脳もバランスよく鍛える助けになる事や、情操教育・何かを自主的に作り上げる助けになることからも、一部参考にしていいデータかなと思います。