川西市 ウォールアートに参加しました

2016/2/21〜3/6までのあいだ、兵庫県川西市では「まちなか美術館」として、街のあちこちでアマチュアからプロのアートを楽しむことができます。 その一環として、28日に子供たちによるウォールアートが行われました。 少 […]

アクリルと油彩、どっちを選ぶ?

「アクリル絵と油絵、どちらがおすすめ?」 その答えは、うどんにするかそばにするか、というくらい好みとスタイルによって左右されます。 乱暴にかいつまんで言うと・・・ ・乾くまで待つのが嫌。ポップでモダンな絵を描きたい →  […]

スズメバチの巣

スズメバチが、美術館の屋根に巣を作ってしまいました。 実は夏頃入り口近くに巣を作ろうとしてたので、ここに作られちゃかなわんと思って追い払ったんです。その時に腕を刺されてまー見事に丸々と腫れ上がってしまいました。くれぐれも […]

紙皿で作るUFO

今日の工作は、紙皿と輪ゴムで作る、ビューンと飛ぶUFO。 対象:幼稚園〜小学生低学年 用意するもの: 紙皿2枚 紙コップ(コーヒーフレッシュでもOK) 輪ゴム、割り箸 ハサミ、ホッチキス・セロハンテープ、色ペン・色鉛筆 […]

青空トリミング

黄金色にたなびくたてがみ。 何もしなくてもカールする、耳の天然パーマ。 「オレって、イケてる〜ぅ。」 ・・・と思っていたかどうか知りませんが。 ありゃ。 バッサリトリミングされちゃいました。 でも夏はこの方が過ごしやすく […]

手まりずし

田舎で、美しい景色を見ながら食べる食事は美味しい! この日はお客様がいらっしゃったので、ちょっと小洒落た?食事にしてみました。 ぱっと簡単で可愛く見えるのが、手毬寿司。 後ろに見える、へんてこなフルーツ盛り合わせはスルー […]

手づくりの石窯でピザを焼く

よく晴れた日は、お外でピザパーティに持ってこい。 さぁ、念願の石窯ピザを食べるぞ〜! 最初は、窯の入り口で丸めた新聞紙や細い木で火を起こしていきます。 火がついた薪を奥に押し込まず、新しい薪を奥に置いていくといいそうです […]

石窯をDIY

「田舎に小さな美術館を建てたい!」 その夢がかなった今、次に目指すは・・・。 「石窯で焼いたピザが食べたい!」 このちょっと焦げた香ばしいピザ! ピザ窯づくりの先輩からは、図入りのお手紙をいただいたりしました。(ありがと […]

のどかな春の日

あるのどかな春の日。 先生が散歩していると・・・。 トコトコトコ。 後ろからついて来る生きものが。 「ストーカーじゃありませんよ。」 そっと見守っているんです。 「ただの妖精ですから。」

バックホーをヤフオクで?!

「美しい田舎に、私設美術館を開設したい!」 そのために見晴らしのいい土地を購入したのはいいのですが、冬を越して雪が溶けるとその下からゴミの山が出てきました。→ 開拓記その1 最初は鍬などでコツコツ耕していましたが、手に負 […]

イケメン?な猫

こちらは、トラ猫のアントンくん。 実はもう年をとって亡くなってしまいましたが、イケメン?な猫でした。 「おいらを呼んだかい?」 木登りが上手でした。降りるのは下手でしたが(笑)   オイラに惚れたら怪我するぜっ […]

野生の鹿?!

野生動物は大切な存在ですが、時には畑を荒らされてしまうことも。 ある秋、1年をかけて栽培したブドウが、収穫直前になりひと夜にして全て食べられてしまい、保ヶ渕家ではショックで寝込む人も出たとか(苦笑)。 鹿さ〜ん。今年はち […]

動物の足跡?

今日も畑に動物の足跡が・・・。 んっ?! あの茶色い後ろ姿は・・・? 新種の、足の短い鹿でしょうか? 失礼しちゃうね。 これでも畑を守ってるんですから。

ゲストハウス内観

ゲストハウスの窓は大きく取ったので景色が楽しめます。 春には花いっぱいの庭、夏はあざやかな緑と青空、秋は紅葉、冬は雪景色が綺麗です。 遠くの山まで見渡せますよ〜。 洗面台もちょっとこだわってみました。 ぐぐっ。あんまり綺 […]

薪ストーブつけました

美術館のゲストハウス部分は、ほぼDIYで作りました。 なんといっても一番の目玉は、薪ストーブ! あ、見えませんでしたね(汗) 改めまして、じゃじゃーん!! この薪ストーブは、ネットで見つけて気に入って北海道から直移送して […]

美術館ゲストハウス完成

美術館のゲストハウス部分です。 晴れた日には、ウッドデッキでBBQや、ひなたぼっこもいいですね。 ロッキングチェアに座って、パイプを燻らせちゃったり。 大きなアラスカン・マラミュートが足元に居たりしてね。 全くの妄想です […]

夜久野の雪景色

夜久野は日本海側に位置するため、冬はかなり雪がふります。 10年ほど前は1m以上も雪がつもることもあり、スキー場も賑わっていたようですが、ここ何年か雪が少なくなり、積もって30cmほどで、スキー場は閉鎖してしまいました。 […]

原田の森ギャラリーにて個展

2009年7月14日〜7月24日までの10日間、「兵庫県立美術館 王子分館 原田の森ギャラリー」にて個展を行いました。 原田の森ギャラリーは、建築家・村野藤吾が昭和45年に手がけた美術館。 中はとても広く、アトリエに収ま […]

新美術新聞に掲載されました

新美術新聞 2009.7.11号に掲載いただきました。 「人間存在の根本に迫る実存主義的な人物画を展開する保ヶ渕静彦。野心的な大作で知られるが、会場の本館大展示室の広大なスペースに対し、10m前後の作品約15本に、100 […]