赤穂旅行(4)坂越の町並みと奥藤酒造

赤穂は、忠臣蔵や牡蠣に興味のない人でも、よく晴れた日にのんびり散策するにはもってこいの、ゆったりとした海岸線や、風情のある町並み、穏やかな瀬戸内海に映える朝日や夕日を愉しむことができます。 のんびり散策にもってこい、坂越 […]

赤穂旅行(3)赤穂御崎の朝日

秋の赤穂の日の出は、7時前 銀波荘から歩いてすぐ、大石名残の松から階段で海岸まで下りることができます。ここで待機して日の出を待つことにしました。 6時頃空がほんのり赤みがかってきたので、慌てて宿を出ました。 6:24。赤 […]

赤穂旅行(2)赤穂御崎と温泉を楽しむ

さて、赤穂城跡や大石神社を観光したあとは、今回の宿がある赤穂御崎に向かいました。 散策が楽しい赤穂御崎 赤穂御崎には遊歩道が連なり、のんびりした場所でありながら名所もあって、ゆっくり散策するのが楽しいです。 こちらは大石 […]

赤穂旅行(1)忠臣蔵の里を訪ねて

最近は少なくなりましたが、昔は12月になると「忠臣蔵」の映画やドラマが放映されていました。 忠臣蔵といえば、兵庫県の赤穂市がふるさと。今度の絵の題材にしてみようかと思い、ついでに海や温泉も楽しめる赤穂に行ってきました。 […]

6月の収穫

玉ねぎ

去年の11月頃、地元の農家さんに教えてもらいながら植えた玉ねぎが、収穫期を迎えました。 雨の日に収穫すると病原菌などで痛みやすくなるので、晴れの日がいいんですが あまり収穫せずに放置しても傷みやすくなってしまうので、この […]

田舎の朝ごはん

ここ夜久野では、毎日のように朝霧がでます。 朝霧の日は、とても良いお天気になるんです。 だんだんと晴れて来ました。 今朝のメニューは、夜久野で採れた野菜いっぱいの朝食にしました。 夜久野のお米 畑で採れたかぼちゃと玉ねぎ […]

夜久野では、藤がみどころ

藤は、万葉集などに謳われてきた、日本古来からある花木。 藤の花が、風に揺れる様を波に見立て、「藤波」という季語を作ったり、藤を女性に例えたり、 その美しさを愉しんできました。 また、藤の蔦が絡みつく様子から、「決して離れ […]

スズメバチの巣

スズメバチが、美術館の屋根に巣を作ってしまいました。 実は夏頃入り口近くに巣を作ろうとしてたので、ここに作られちゃかなわんと思って追い払ったんです。その時に腕を刺されてまー見事に丸々と腫れ上がってしまいました。くれぐれも […]

夜久野高原 八十八ヶ所石仏めぐり

ハイキングを楽しみながら、人生を振り返ってみませんか? ここ夜久野高原には、1歳〜88歳までの年齢のついた石仏が点在しています。四国八十八カ所大師霊場を移したもので、その縮図を数時間で体験することができます。 面白いこと […]

やくの玄武岩公園

夜久野にある玄武岩公園に行ってきました。 この規則正しい形をした岩肌は数十万年前、京都府唯一の火山宝山(田倉山)の噴火により形成されたそうです。   池の周りには六角形の玄武岩石が並び、その奥には玄武岩の壁が。 […]

キウイの収穫

今日は朝早く起きてキウイの収穫をしました。 この木は今年で5年目。別の木は10年になります。 キウイは乾燥や寒さに強く、育てやすい木。 中国が原産で、20世紀の始めにニュージーランドに渡って品種改良され、キウイと名付けら […]

絵画のような朝霧の風景

夜久野では秋から春にかけて、濃い朝霧がよく見られます。 朝霧は晴れ 「朝霧は晴れ」という諺があります。 よく晴れた日の夜は、上空に雲がないので地表の熱が逃げ、放射冷却によって冷え込みます。 地面近くの空気が冷えると、 水 […]

青空トリミング

黄金色にたなびくたてがみ。 何もしなくてもカールする、耳の天然パーマ。 「オレって、イケてる〜ぅ。」 ・・・と思っていたかどうか知りませんが。 ありゃ。 バッサリトリミングされちゃいました。 でも夏はこの方が過ごしやすく […]

手まりずし

田舎で、美しい景色を見ながら食べる食事は美味しい! この日はお客様がいらっしゃったので、ちょっと小洒落た?食事にしてみました。 ぱっと簡単で可愛く見えるのが、手毬寿司。 後ろに見える、へんてこなフルーツ盛り合わせはスルー […]

手づくりの石窯でピザを焼く

よく晴れた日は、お外でピザパーティに持ってこい。 さぁ、念願の石窯ピザを食べるぞ〜! 最初は、窯の入り口で丸めた新聞紙や細い木で火を起こしていきます。 火がついた薪を奥に押し込まず、新しい薪を奥に置いていくといいそうです […]

石窯をDIY

「田舎に小さな美術館を建てたい!」 その夢がかなった今、次に目指すは・・・。 「石窯で焼いたピザが食べたい!」 このちょっと焦げた香ばしいピザ! ピザ窯づくりの先輩からは、図入りのお手紙をいただいたりしました。(ありがと […]

のどかな春の日

あるのどかな春の日。 先生が散歩していると・・・。 トコトコトコ。 後ろからついて来る生きものが。 「ストーカーじゃありませんよ。」 そっと見守っているんです。 「ただの妖精ですから。」

バックホーをヤフオクで?!

「美しい田舎に、私設美術館を開設したい!」 そのために見晴らしのいい土地を購入したのはいいのですが、冬を越して雪が溶けるとその下からゴミの山が出てきました。→ 開拓記その1 最初は鍬などでコツコツ耕していましたが、手に負 […]

イケメン?な猫

こちらは、トラ猫のアントンくん。 実はもう年をとって亡くなってしまいましたが、イケメン?な猫でした。 「おいらを呼んだかい?」 木登りが上手でした。降りるのは下手でしたが(笑)   オイラに惚れたら怪我するぜっ […]

野生の鹿?!

野生動物は大切な存在ですが、時には畑を荒らされてしまうことも。 ある秋、1年をかけて栽培したブドウが、収穫直前になりひと夜にして全て食べられてしまい、保ヶ渕家ではショックで寝込む人も出たとか(苦笑)。 鹿さ〜ん。今年はち […]

動物の足跡?

今日も畑に動物の足跡が・・・。 んっ?! あの茶色い後ろ姿は・・・? 新種の、足の短い鹿でしょうか? 失礼しちゃうね。 これでも畑を守ってるんですから。

ゲストハウス内観

ゲストハウスの窓は大きく取ったので景色が楽しめます。 春には花いっぱいの庭、夏はあざやかな緑と青空、秋は紅葉、冬は雪景色が綺麗です。 遠くの山まで見渡せますよ〜。 洗面台もちょっとこだわってみました。 ぐぐっ。あんまり綺 […]

薪ストーブつけました

美術館のゲストハウス部分は、ほぼDIYで作りました。 なんといっても一番の目玉は、薪ストーブ! あ、見えませんでしたね(汗) 改めまして、じゃじゃーん!! この薪ストーブは、ネットで見つけて気に入って北海道から直移送して […]

美術館ゲストハウス完成

美術館のゲストハウス部分です。 晴れた日には、ウッドデッキでBBQや、ひなたぼっこもいいですね。 ロッキングチェアに座って、パイプを燻らせちゃったり。 大きなアラスカン・マラミュートが足元に居たりしてね。 全くの妄想です […]

手づくり美術館の土台

日本の従来の「木造軸組工法」建築は、大工さんの一流の技術が必要です。 美術館のゲストハウス部分は、なんとかDIYで作りたい。 そこで、知識と時間さえあればできる、2×4(ツーバイフォー)工法で立てることにしました。 ツー […]

秋桜と朝霧

早秋、コスモスが咲く盆地の朝です。 秋桜(コスモス)はとても育てやすい花。 種を植えると、ほとんど何もしなくても一気に増えます。 メキシコが原産で、探検家が16世紀にスペインに持ち帰り「Cosmos」と名付けられたとか。 […]

手づくり美術館の基礎工事

Hoga Art Museumは、地元の大工さんたちの力を借りながら、一部自分達の手づくりで作りました。 美術館併設のゲストハウス部分は、特にDIYに力を入れた部分。 まずは平らに均すため、大量の土を切り取ってバックホウ […]

美術館の桜

春になると、美術館の周りには桜がいっぱい咲きます。 手前がさくらんぼのなる「セイヨウミザクラ(桜桃)」、奥のピンクの花をつけているものが「八重桜」です。 全ての桜がさくらんぼをつけるわけではないんですね。 さくらんぼが採 […]