少女と花

近平は毒ウイルスを世界にばら撒いているが、この少女はけなげにもその汚れた世界を花の香でクリーンに蘇らせようとしているのか。 Jinping is spreading the poison virus all over t […]

残照 150F

この絵は1995年1月17日に起こった阪神大地震の直後の或る光景を私が描いたものだ。 僅かな水とおにぎりを持ってボランティアで神戸を訪ねてる時にこの少女に出会った。私は瓦礫の中に立ち尽くす幼女の強烈な印象を出来るだけ客観 […]

夜明 (Daybreak)

新成人へのゴールそしてスタートをお祝いする!現日本政府が日本の若者に対して執っている少子化推進策に抗って美しく強く豊かな瑞穂と呼ばれる国を造っていこう Congratulations on your goal and s […]

フォルム

Japanese history was the pursuit of beauty. Only beauty can lead to human development. 

生々流転 

グローバリズムその本性は中共の如き全体統一と拝金塗れの唯物カオス社会。そうではなく夫々の文化を貴び 敬天愛人の万華を旨に慎ましくとも億の感性と創造に溢れる世界を目指すべし。美の追求こそ日本人の歴史、美第一に してこそ人類 […]

古への大和心(後醍醐天皇)

小泉竹中安倍麻生二階菅等与野党議員、経団連、日教組、メディアその他諸々のグローバル拝金売国亡者共よ、先人が連綿と築きし類なき歴史文化を貶め麗しの瑞穂の皇国日本を矮小化貧困化せし罪は切腹に等価と知れ!又虐殺者習近平訪日は断 […]

手紙  A letter

お前ら忘れたのか?質素で素朴だが最高の母ちゃんの温もりを! Did you forget? Frugal and simple but the best mom’s warmth !

美的なるもの

信長の偉大なるは信念と共に殺された由、安倍の矮小なるは信念を吹聴し乍ら周囲の甘言、脅しによって方向転換、只管長期安定の寝床を欲するのみ。 Nobunaga’s greatness was that he wa […]

草莽崛起

かくすればかくなるものと知りながら 已むに已まれぬ大和魂(吉田松陰)

A walker

日本の歴史と文化をカッポ! Let’s walk around the history and the culture of Japan!

Lost africa 2

絵画美の追求は単なる審美的視覚的造形に向かうだけでなくあらゆる人間の営みの中に立ち入る。そこから超越され形而上化された形が生まれる。 The pursuit of painting beauty goes not onl […]

Lost africa

アフリカに限らずグローバル化の波の中で世界最古の一貫性ある日本文化も衰退の憂き目に遭っている。無能無知無関心の政財教育界そしてマスメディア に属するグローバリスト、つまり似非日本人たちの文化破壊は何の希望も齎さない。

消えざる夢想 Dreams that don’t disappear.

グローバル社会では夢は育たない。無限に広がる創造の芽も、泣きたくなる程の感動もグローバリズムが生み出す味気ないone worldの野には絶対に燃え滾る愛は湧出しない。

褌(ふんどし)

褌(ふんどし)は昔は日本の男の必需品だった。青空の下 あちこちの物干し竿にはためいていた。In the past, Hundoshi was a must-have item for Japanese men. They […]

Life is a dream and an illusion

米中の覇権者共よ、人生は夢幻の如しなのじゃ 信長  America and China hegemony rulers, life is like a dream and an illusinon. Nobunaga

A happy world

高邁な教義、主義が人の世を救えるか?それは否。 宗教も、政治も、無数の罪深い歴史を証明している。 では至高で久遠の平和を創り出せるものは何か? それは美だ、美の世界だ。 Can high-class doctrines […]

芸術の対義語

芸術の対義語は何かと問われたらそれは死か?人たる者の魂の死か。古今東西の最高傑作はモナ・リザにあらず正に若き特攻兵が轟音と共に大空に描いた炎に黒い竜巻雲だ  デッサンとは対象をコピーすることではない、いかに寸分狂いなく写 […]

明治維新前夜

彼が現世に突然アマテラスの意志で使わされたなら、戦後の爛れた日本社会に巣くう偽善者共、現 与野党国会議員と親中韓経団連、現代のホロコーストの親玉習近平の生首を自由の野に晒すに違いない。

2019年11月個展を終えて

7日間の展示期間、あっという間の筈が疲れた!その時々の思いは作品を通して己が歴史を形取るには違いないが、同じ時間帯に香港では中共の弾圧に抗議する学生の不審死が血染めの街路に投げ捨てられていた。永劫に続く時間の波に雄々しく […]

展示のお知らせ〜京都銀行福知山支店

2019年10月31日まで、京都銀行 福知山支店にて展示しております。よろしければご覧ください。 大きい絵なので設置が大変。手伝ってくださった皆様ありがとうございました。 京都銀行福知山支店地図

2019年秋 保ヶ渕靜彦展 

古えの大和心は不惜身命、名こそ惜しけれ 古えの日本心というサブタイトルでかっての日本人を審美の篩にかけて自分なりに描いてみたいと思った。文学にも音楽にもそして絵画にも潜む人間にとって最も大切なもの、それを絵で追ってみた。 […]

芸術家の名言集〜勝手に選んだ

「表現すること」を極限までつきつめる芸術家たち。 アスリートや政治家にも名言はたくさんありますが、芸術家の名言にはまた違った個性あふれる趣があります。その中でも当ギャラリーのスタッフが気に入っている、その芸術家の人生を表 […]

June harvest

玉ねぎ

The onions we planted last November became ready to harvest. We should harvest them on a sunny day because rai […]

Temari-Sushi

Isn’t it great to have a meal by the garden? Today we had a friend came over so we made a welcome dish. […]