残照 150F

この絵は1995年1月17日に起こった阪神大地震の直後の或る光景を私が描いたものだ。

僅かな水とおにぎりを持ってボランティアで神戸を訪ねてる時にこの少女に出会った。私は瓦礫の中に立ち尽くす幼女の強烈な印象を出来るだけ客観的に描いたつもりだ。

或る時この絵に対して私の見ず知らずの司馬遼太郎氏が以下の文を送ってくれた。

この子のその後は知らない。京都新聞や神戸新聞が彼女を探しましょうかと言ってくれたが彼らは見つけられなかった。今は彼女が幸せでいることを願うのみだ。

This is a scene right after Hanshin Earthquake on January 17, 1995. I met this girl while visiting Kobe as a volunteer brining water and some rice balls. I put all my effort in trying to objectively portray the intense impression of this little girl standing in the rubble.

After some time, to my surprise, a Japanese novelist Ryotaro Shiba sent me a mail that he’s seen my artwork.
I don’t know what became of this child.
Local newspapers told me they might be able to look for her, but they couldn’t.
I hope she is happy after all this time.