アーティストのための、初めてのホームページ

「ウェブ上で作品を売りたい」「誰かとコラボしたい」「教室を開いて生徒を募集したい」

ホームページを持ちたいという目的はいろいろあります。
ウェブ初心者のアーティストの方向けに、解説してみました。

website

始める前に注意したいこと

ウェブ上に作品を開示すると、盗用や模倣される恐れがあることに留意しましょう。
そのまま盗用できるほど解像度のいい写真を上げない、ウォーターマークを入れるのも一つの予防策です。逆に、ウェブ上で見つけたとしても、人の画像や文章を勝手に使わないようにしましょう。

「無断転載を防げ!」を詳しく読む

目的やターゲットを絞る

bsPAK75_syagekiwotanoshimukodomo20140831

ぼんやりとでもいいので「作品を●点売りたい」「問合せを●件にしたい」など目標を立ててみましょう。また、あなたの作品や教室はどんな人向けでしょう?
若者向けなのか、老人向けか、男性向けか女性向けかなど、ある程度ターゲットを想像してみましょう。

「ちょっと待った!ホームページを作る前に」を読む

凝ったデザインより、中身が大事

「ホームページさえあれば、いろんな人が見に来てくれる」

そう誤解している人がたくさんいます。ジャングルにお店を出しても誰も来ないのと同じで、人通りのある場所にださなければ誰も来てくれません。

手間と大金をかけたウェブサイトを放置するよりも、まずは手軽に始めて、中身や宣伝に力を入れることをおすすめします。

方法1 – コミュニティに登録してみる

fbSocial Networking(SNS)やコミュニティはいろんな人とコミュニケーションができる場所。

無料で簡単に始められる点と、他の人と繋がりやすいのが利点です。ただ、投稿したものは古くなるので、マメな人に向いているでしょう。

まずは、FacebookInstagramあたりに作品などを登録してみては如何でしょうか。

ウェブサイトを作るのはそれからでも構いません。その他にもTwitterdeviantARTPinterestGoogle Plusなど様々なサービスがあるので使い分けましょう。

「アーティスト向けのSNS比較」を詳しく読む

方法2 – ハンドメイドマーケットに出店

etsy作品を売りたい場合は、「ハンドメードマーケット」に出店するのも一つの手。ショッピングサイトを作るのは大変ですが、マーケットならいろんな機能が揃っている上、決済の代行をしてくれます。
手頃な価格のクラフトを販売するのに向いています。

アメリカ発のEtsyは手数料は価格の3.5%とお手軽ですが、海外ユーザーが多く英語対応が必要だったりします。

日本国内で最も利用者の多いminne、その他にもCreematetoteiichinoteなどがあります。

配送やトラブル対応、手間ばかりかかって売上が延びない場合もあるので、商品の強みやターゲット、価格帯などをよく検討しましょう。

ハンドメイドマーケット比較」を読む

方法3 – 無料ブログサービス

hatenaとりあえずお金をかけず、サクッと始めたい方向け。

アメーバブログFC2ブログライブドアブログはてなブログなど、1分程度で開設できるサービスが沢山。

それぞれの独自ランキングなどもあるので、短期的に見れば集客力があります。ただ長期的に見ると、ブログの広告が邪魔だったり、集客で不利な点もあります。

方法4 – 簡単ウェブサイト・ショップ作成ツール

strikinglyあらかじめ用意されたテンプレートの中から、好きなデザインを選んで簡単にページを作成出来るツール。

WeeblyJimdoStrilinglyWixなどがあります。無料と有料バージョンがあり、無料では集客が難しいと言われ、有料を使うならちょっと頑張って勉強してWordPressを使ったほうがいいかもしれません。

ウェブサイトに手間をかけたくない、とりあえず名刺代わりにあればいいやという人におすすめです。

また、同じようにテンプレートから簡単にショッピングサイトを作れる、BASESTORESなどの「簡単ショップ作成ツール」というのもあります。

方法5 – 独自ドメイン

このサイトのhogaart.comというのは独自ドメインです。いわゆるネット上のあなたの「住所」となるものです。

今までご紹介したSNSや無料ブログサービスなどは、例えばhttps://www.facebook.com/hogaart/などのようにそのサービスの名前が入ってしまい、独自のものではありません。

長い目で自分のブランドを確立するなら、独自ドメインを取得するのがいいでしょう。
ドメインを取得しただけでは、土地はあるけど家はないような状態です。

あとはレンタルサーバーを借り、htmlやCSSを使って作ったデータをアップしなければなりません。全くの初心者の方には少しハードルが高いですが、勉強すれば2,3週間くらいでできるのではないかと思います。

ドメイン取得・レンタルサーバー共に、最低限の機能なら年数千円で済みます。※サービスによって違います。

ちなみにこのサイトはhtmlなどの知識がなくても比較的簡単にウェブサイトを作れる、WordPressというツールを使って作っています。WordPressは無料でデザインテンプレートが豊富とメリットも沢山ある反面、セキュリティなどの問題もありますので、検討の上使ってくださいね。

結局何がおすすめなのよ?!

方法がいっぱいあって、迷いますね〜ごめんなさい。

全く時間がないけど、最低限だけはやりたいという方は、手軽に始められて友達ともつながりやすいFacebookやInstagramがオススメです。

あまり手間をかけたくないけどウェブサイトが欲しいという方は、SNS+ブログ、SNS+簡単作成ツールの使用を。

マメさに自信があり、若めの方向け、作品を販売したい方などは、Facebook、Instagram、Pinterest、Twitterなどの複数SNSにアップデートを掲載しつつ、ハンドメイドマーケットで作品を売るのがいいかもしれません。

時間はいっぱいある!勉強してでも自分のウェブサイトが欲しいという方は、複数のSNSを使い分けつつ、独自ドメインを取得してWordPressなどでウェブサイトを作ってみはいかがでしょうか。